• Home You are currently viewing the category: 未分類

導入方法

パソコン
画像引用元 <EFO(入力フォーム最適化)のエフトラEFO【平均22%成績アップ】>

エントリーフォームの最適化をしたいと思ったらツールを導入することが必要です。もちろん業者からツールをもらって使用するのですから費用が発生します。そこで、費用をかけてしっかりと成果を得るためにも業者選びは重要です。

業者を選ぶにあたってはシステムの内容確認、かかる費用、アフターサービスの内容、口コミといったものから総合的にどれが望ましいかを選んでいくことが重要です。ほかの会社が導入していて効果があるとしても、自社に合うとは限りません。その会社によってインターネットサイトを運営しているスタッフのパソコンやインターネットのスキルも違いますし、サイトの仕組みも違いますし、利用するにあたってかけることのできるコストも違います。そこで、周囲の意見も参考にしつつ自社に合っているものを探し出すことが重要です。

決定するにあたっては資料を請求して比較検討することが重要です。比較検討することでそれぞれのツールのメリットとデメリットもみえてきますし業者の対応の違いも見えてきます。比較をすることで視野が広がりより自分たちに合ったツールを見つけることができます。せっかく導入するならば成果を得たいですからしっかりと検討するようにしましょう。


最適化の効果

アドバイザー

エントリーフォーム最適化が必要と言われていますが、具体的にどのようなことをすればよいかがわからないという人は少なくありません。インターネットサイトを運営している業者もそのすべてがインターネットの知識が豊富な人が運営しているわけではありません。そのため、あまり閲覧者のアクションが良くないと感じていても具体的にどのようなところを改善すればよいのかはもちろん改善の方法がわからないという人もいます。

そこで、解析ツールを用いてエントリーフォームの問題点となっている部分がどこであるのかということを分析し、それを改善するための取り組みがエントリーフォーム最適化ツールです。このツールを用いることで素人が目測で分析をするのではなく明確に多くの人が詰まっている問題点が明確になりますし、そこがわかればどのような改善をすれば入力しやすく皆がアクションを起こしてくれるようになるかを確認できます。なおかつ導入すればサポートシステムを受けることができることがほとんどですから、自分たちでは分析結果を見ても明確に取るべき行動がわからないという場合にもプロからアドバイスがもらえ、実践することでより良いサイトを作ることができます


エントリーフォーム最適化とは

私たちの生活ではインターネット社会となり、なんでもインターネットを使っています。家から出なくてもインターネットでなんでも購入することができますし、ほしいと思う資料も請求できますし、メールマガジンで必要な情報も得ることができます。こういったものを利用するにあたって、必要となってくるのが情報入力です。

スマホこのようなツールを利用するためにはエントリーフォームに自分の情報を入力する必要があります。入力する情報というのは名前や連絡先といったこと以外にもサイトによっては好きなアーティストや関心のある分野などの入力も必要ですし、買い物サイトのように金銭の支払いが必要な場合にはクレジットカードの情報入力も必要です。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットといったものでもこういった情報を入力することができますが、こういったものでの入力というのはキーボードがないのですごく面倒です

商品を購入したりメルマガ登録をしたりといったアクションをするにあたり、エントリーフォームにこういった情報入力の手間がかかるとなると、中にはこの入力作業が面倒で途中で諦めてしまうという人も少なくありません。そこで行われるのがエントリーフォーム最適化です。このエントリーフォーム最適化というのはEFOと言われており、いろいろな業者がこの最適化をするためのサービスを提供しています。インターネットサイトは利益を上げ続けるためにもこのような最適化が必要ということで、エントリーフォームの最適化の必要性があると考えていろいろなインターネットサイトを運営している業者が取り組んでいます。